院内環境・設備

key word は、安心・安全です

感染予防システム

当医院では患者さんの安全を第一に考え消毒、殺菌、滅菌のシステムを構築し実践しています。そのコンセプトは「すべての患者の血 液、体液、排泄物は感染の疑いのあるものとして取り扱う」というユニバーサルプリコー ションの概念に基づいたものであり、基本的に使用したすべての器具、器材の消毒、殺 菌、滅菌を行っています。

また、診療室は半個室ではありますが、できるだけ同時 に2人の患者さんの治療をしないようにする事で、他の診療台からの粉塵のリスクを 最小限に抑え上記のシステムがより有効になるよう心がけています。

感染予防システム
滅菌システム 滅菌システム
小型滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい基準をクリアしたクラスBオートクレーブ、W&Hステリライゼーション社のLisaを導入しています。
今まで滅菌できないと言われていた中空のものも滅菌が可能で、患者さんの安全・安心をサポートします。

インプラント用治療設備

PIEZOTOME (Piezo Ultrasonic Surgery Unit) PIEZOTOME
安心、安全な歯科治療の考えからPIEZOTOME(ピエゾトーム)を導入しました。PIEZOTOME(ピエゾトーム)を使った外科手術(インプラント治療、抜歯等)は、手術による患者さんへの影響を最小限にする事ができるので、術後の腫れや不快感が少なくなり、傷の治癒期間も短くなります。 また、超音波を利用しているので、今までの歯科用の回転して削る器具と違い、静かで不快感の少ない音になっています。
歯科用CT 歯科用CT
(株)ヨシダのトロフィーパンプラスを導入しています。(世界的にはコダック社の販売)この装置は1回で撮影できる範囲が顎の3分の1と限られていますが、その解像度は高く歯科用CTの中でもトップクラスであり、この装置だけでもインプラントオペのシミュレーションが可能です。また、親知らずの抜歯や歯根の破折等の症例でも今まで不可能だった角度でみる事でより正確な診断が可能となりました。何よりも、レントゲンの被爆量が少ないという事で、安心、安全が実現されています。
術前インプラント3DシュミレーションソフトSimplant Simplant
CT撮影した画像を必ずインプラントオペ シュミレーションソフトのシムプラントでさらに精査、診断してオペをしています。術前にオ ペの正否は90%は終わっていると考えてください。
生体モニター 生体モニター
オペの間、血中の酸素飽和度を計る事により患者さんの心肺機能の働きを知る事ができ、安全にオペを進める事ができます。また、この装置では同時に脈拍や血圧、必要であれば心 電図も計る事が可能です。当医院では、常に患者さんの安全が守られるようにオペが施されています。

歯科診療ユニット(診療台)

歯科診療ユニット(診療台)

リラックスして治療をお受けいただけるよう、また長時間の処置でも快適に治療をお受けいただけるよう、ドイツ製の歯科診療ユニット(診療台)を採用いたしております。
この歯科診療ユニット(診療台)には自身で配給される水を殺菌する装置がついています。うがいの水や削るときの水等、すべてが歯科診療ユニット(診療台)の中で殺菌され常に清潔が保たれています。

Movie 動画をご用意しました。ダウンロードしご覧ください。
動画で「院内紹介」

タービン タービン
タービンは診療台につけっぱなしにせずに専用のスタンドにおいてあるという事が他医院とは違います。また、(株)白水貿易が輸入販売しているW&H社のアシステイーナ301プラスで1回の診療ごとに洗浄、注油をし毎日リサで滅菌しています。
バー バー
バーとは、ダイヤモンドで出来ている歯を削るヤスリの役割をする部分です。歯科医院に何十本と用意されている道具ではありません。通常、簡単な消毒をする事で対応する医院もあります。当医院では、洗浄後、滅菌システムにかけ、滅菌後に保存用の滅菌パックにて完全に外気との接触を断ち、患者さんに使用しています。
スピットン スピットン
スピットンとは、歯科診療ユニット(診療台)にある「うがい皿」の事です。ほとんどの患者さんが、顔を近づけてうがいをいたします。当医院では、1人の患者さんが使用した毎に、スピットンを消毒・清掃しています。

インプラントに不安はありませんか?ご相談・ご質問はこちらから 入れ歯とインプラント

ページトップへ戻る